• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop nameAI DOG SCHOOL

shop nameKITCHEN ROSSO

shop name絆典礼 灯り庵

shop name空飛ぶ音楽祭2017

shop name所沢民主商工会

カテゴリ
ホーム >> 特集ページ一覧 >> 日本三大銘茶のひとつ「狭山茶」。飾りたくなるティーバッグセット

狭山茶×MIZUKI

東京から一番近い茶の産地「狭山」

東京から一番近い茶の産地「狭山」

狭山茶とは、埼玉県南西部の入間市・所沢市・狭山市をはじめとした入間郡内を主産地とする煎茶です。その歴史は古く、はじまりは鎌倉時代にさかのぼります。「静岡茶」「宇治茶」と並んで日本三大銘茶と称され、地元では「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」とうたわれています。

厳しい気候条件から生まれた甘みとコク

厳しい気候条件から生まれた甘みとコク

もともとお茶の木は、温暖な場所に生育する樹木で、寒さは苦手。茶の産地としては寒冷なこの地域では、長年にわたり、厳しい気候条件にあわせたお茶づくりを研究してきました。そして「狭山火入れ」といわれる独特の仕上げ技術を開発し、色・味・香りともに重厚なお茶を生み出しました。

狭山一、焙煎に強いお茶屋「宮野園」

狭山一、焙煎に強いお茶屋「宮野園」

創業明治2年、老舗茶舗「宮野園」。茶匠・宮野圭司さんにお話しをうかがいました。「お茶は、葉に含まれる水分をいかに減らすかが重要です。うちは日本ではじめてマイクロ波殺菌焙煎機による焙煎を導入しました。マイクロ波とは、わかりやすくいうと電子レンジの過熱原理。これにより、芯まで水分を飛ばすことができ、香ばしく甘みが引き立った、日持ちのよいお茶ができあがります」。

宮野園ホームページ

http://miyanoen.com/

茶匠とデザイナーがタッグを組む新しい試み

茶匠とデザイナーがタッグを組む新しい試み

宮野園が展開する狭山茶は、緑茶やほうじ茶といった定番をはじめ、紅茶やブレンド茶などバラエティー豊か。本イベントでは、茶匠・宮野さんの自信作である5種類のティーバッグをセットにしてお届けします。注目すべきはそのパッケージ。埼玉県坂戸市在住のグラフィックデザイナー・MIZUKIが担当です。

デザイナーであり、画家であり、講師であり

デザイナーであり、画家であり、講師であり

グラフィックデザイナーとして20年以上のキャリアをもつMIZUKIさんは、坂戸市内2か所で子どもお絵かき教室を主宰するなど画家、講師としての顔ももつクリエイターです。これまでに描いた絵は150枚以上。インスピレーションで勝負する画家の活動は、クライアントがあるデザイン業とは違った充実感があるといいます。


mizukiインスタグラム
https://www.instagram.com/hori_mizuki/

朽ちる葉っぱの美しさに惹かれます

朽ちる葉っぱの美しさに惹かれます

MIZUKIさんの絵には色づいた葉っぱがよく登場します。「いつだったか、紅葉した桜並木を車で走ったとき、ハラハラと落ちる葉を見て感動したんです。美しい花を咲かせるために朽ちていく葉っぱ。花のために生きているというか、縁の下の力持ちというか。うまくいえないけれど、そういう姿に惹かれるんです」

葉っぱの舟は狭山茶をイメージ

葉っぱの舟は狭山茶をイメージ

そんなMIZUKIさんが描いたのがこちらの絵。葉っぱの舟が三日月と紅葉を運んでいます。舟が進むたびに、お茶のいい香りが漂ってきそうです。 月のパワーは、昔から占いやおまじない、魔除けなどに使われ、いまでも多くのセラピストやカウンセラーが利用しています。とくに三日月は、女性らしさを高めるといわれ、女神のパワーのシンボルとして使われることも。恋愛に関することは三日月にお願いしよう、という話もあります。

限定200セットのティーバッグアソート

限定200セットのティーバッグアソート

パッケージには、この絵画を使います。中身にあわせたカラーリングもステキなんです。飲み終えた袋は、絵の部分を切り取ってフレームに。すてきなインテリアになります。大切な方へのプレゼントに、家族や恋人とのティータイムに、がんばる自分へのいたわりに...限定200セットの販売です。 <気になるティーバッグの中身は...> ①あまみうまみ緑茶(これぞ狭山茶!を堪能) ②狭山紅茶(狭山茶でつくった和紅茶。渋みが少なく甘みが強いのが特長) ③ほうじ茶(ほっとするやさしい味と香ばしさ) ④緑茶&レモングラス(国産レモングラスをブレンド。後味がさわやか) ⑤狭山紅茶&生姜(体の芯からあたたまる、この季節におすすめ)

体によくて、こころに効く、味の狭山茶

体によくて、こころに効く、味の狭山茶

お茶は単なる飲み物ではありません。値段が高いお茶が美味しいのではなく、だれと一緒に楽しむか…それが一番大切なことだと思っています」とは、茶匠のメッセージ。狭山茶を愛し、仲間や家族を大切にする宮野さんのお茶は、心をあたためる不思議なフレーバーが入っています。ぜひ、多くの方にご賞味いただき、ハッピーなひとときをシェアできればと思います。


Creative session SAITAMA
~伝統とデザインの新しい重なり~


10月31日[火]~11月6日[月]
午前10時~午後8時
西武所沢店 
2階=駅側正面入口特設会場